トップページ > スポンサー広告 >羽毛洗浄の工場見学トップページ > 研修・会合 >羽毛洗浄の工場見学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽毛洗浄の工場見学

訪問いただきありがとうございます♪
まだ底辺ですが横浜で1位目指してます
ポチっと応援お願いいたします(*^^)v


こんばんは、ふとんのいしかわやの石川智祥です。 先日、羽毛洗浄の工場に見学に行ってきましたので報告させていただきます。 今回はいつもお世話になっている、こちらの会社にお邪魔してきました。
株式会社 シーエフ
神奈川県愛甲郡愛川町中津4017−2
046-284-2201



DSC_0994.jpg

【羽毛洗浄機(ドイツ製)】
61Comic_001.png

フル稼働で1日に25枚の羽毛を洗浄(ダウンウォッシュ)できるそうです。 個別管理も徹底しているので1枚1枚混ざらないように手作業で行っていました。 それでは、細かく解説していきたいと思います。

①解体
DSC_0995.jpg

こちらで羽毛ふとんを広げて生地を切って羽毛をすべて出していきます。
②吸い出し
その羽毛を全て吸い上げていき、そこから次の洗浄の方に送っていきます。直で洗浄の方に送らないのは、羽毛洗浄中に作業をとめないためです。洗ってる間にも、また違うお客様の羽毛ふとんを解体していました。
③洗浄
DSC_0996.jpg

ここのドラム式で、羽毛をジャブジャブ洗っていきます。

DSC_1025.jpg

洗剤はこちらのものを使っているそうです。 調べてみたらこのマザータッチは環境に優しく飲んでも大丈夫みたいです(笑) それだけ優しいものを洗浄につかってるってことですね。

④吸い出し
DSC_0997.jpg

洗った後は水分を含んでますので、目詰まりを起こさないように、この極太ホースを使って吸い出していきます。

⑤高温殺菌
DSC_0998.jpg

吸い出した羽毛はここで高温殺菌処理され、乾いたらスイッチで下に移動されます。

⑥不純物除去
DSC_1000.jpg

プロペラで羽毛を使えるのと使えないのと分けていきます。 使えない羽毛は下に溜まっていく構造になってますので、その羽毛は上のスイッチを使って吸い出されて除去されていきます。 

DSC_1003.jpg

次の羽毛が来た時に混ざらないように、このように空気で羽毛を飛ばして残らず除去します。

⑦袋詰め
DSC_1002.jpg

不純物の除去が完了しましたら、スイッチで専用袋に移動していきます。 これで洗浄は完了です。

DSC_1005.jpg

出来上がった、羽毛はこのように札で名前が書かれて各お店へ戻ってきます。 今回でこちらにお邪魔するのは2回目でしたが変わらず管理もしっかりしていて安心して羽毛の洗浄を任せられる工場でした。 羽毛リフォームをお考えの方、洗浄からお届けまで個別管理の徹底した当店へ安心してご注文ください♪

※全国配送行っております♪お問い合わせお待ちしております。
☎045-432-4305

29Comic_001.png

東京西川チェーン
ふとんのいしかわや
※寝具製作一級技能士のいる店※
横浜市神奈川区六角橋1-10-11
六角橋商店街アーケード内中央
10:00-19:00
定休日 木曜日
☎045-432-4305
http://4324305.com/


ポチッと応援お願いいたします♪
励みになります(*・`ω´・)ゞ
にほんブログ村 インテリアブログ 寝具・ふとんへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。