トップページ > ふとん丸洗い >自宅リフォームのため羽毛ふとんお預かり

自宅リフォームのため羽毛ふとんお預かり

訪問いただきありがとうございます♪
まだ底辺ですが横浜で1位目指してます
ポチっと応援お願いいたします(*^^)v


こんにちは、石川屋ふとん店の石川智祥です。 昨日、閉店前に羽毛ふとんのクリーニングしたものをお届けしてきました。 こちらのお客様は3月頃にご自宅をリフォームするということで
当店にその間お預かりで6月頃にお届けするという形になっていました。 それから、ご来店いただき「まだ物をすべて入れて収納ができていないから下旬に持ってきて」と言われましたので、昨日お電話し「片付いたからOK」ということでお届けしてきました。



預かった時に、羽毛バックも一緒にお預かりしていたのでそちらも合わせてお持ちしました。 お渡しした時に「どっちの羽毛の方がいいやつ?」と言われまして、ラベル・生地・ふくらみで評価して「こっちの羽毛ふとんの方が生地が良くて中身も、1.2kgなんでこっちのがいいと思いますよ、ただこのハンガリーのグース95%にしてはふくらみが少ないとは思います、使用時期が長いからだとは思いますけど。もう一つの方はグース95%ですけど、1.4kg入りでふくらみももう一つのよりないですし、生地も綿100%ですけどかための生地なので、最初の1.2kgの方いいと思います」とお伝えました。 お客様も「やっぱこっちの方だよね」と納得されていました。 よくテレビとかラジオで「羽毛をたっぷり1.4kg入れました」と言うのをよく聞きますが、お客様的には「そんなに入ってるなんてあったかくてお得だ!!」と思われるかもしれませんが、それくらい入れないと膨らまない羽毛ふとんということです。 本当にいい羽毛を1.4kgも入れたとしたら膨らみすぎて扱いづらいですし、気温がマイナスとかの地域じゃない限り間違いなく熱いです。 今は、マンションなど気密性のあるお宅も増えてきていますので住環境にあったおふとんを探されるとよろしいかと思います。

【夏場冷房をかけて】
・羽毛肌掛ふとん
【冬場のマンション】
【春・秋の一戸建て】
・羽毛合掛ふとん
【冬場の一戸建て】
・羽毛ふとん

簡単な目安としてはこのような形です。多少状況によって左右しますのでプロにご相談ください♪ 話がどっからかだいぶそれちゃいましてすいません(^▽^;)

54Comic_001.png

東京西川チェーン
ふとんのいしかわや
※寝具製作一級技能士のいる店※
横浜市神奈川区六角橋1-10-11
六角橋商店街アーケード内中央
10:00-19:00
定休日 木曜日
☎045-432-4305
http://4324305.com/


ポチッと応援お願いいたします♪
励みになります(*・`ω´・)ゞ
にほんブログ村 インテリアブログ 寝具・ふとんへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する